少子高齢化のためか永代供養つきの樹木公園墓地が人気!

cemetery-959405_640
少子高齢化の中で、もはや墓守もいなくなる昨今、先祖代々継承していく墓のシステム自体が、破綻しつつあるのが現状でしょう。戒名問題や寺の菩提寺の束縛も問題になってきていて、人々はもっと身軽な葬儀と埋葬を望んでいるようです。私の祖父も都営霊園ですが、広いので墓参りに行っても迷子になりそうですし、無味乾燥で墓石の墓地は、どこか裏寂しい感じがします。推察するに、人々は、宗教色のない自然のなかで眠りたいという埋葬の仕方・樹木葬いう形態を求めているようにも見えます。核家族化のせいもあるのでしょうが、死生観も時代とともに変わり、自然回帰願望等の高まりから自然埋葬に対する願望は一般的なものになってきているように思えます。そんななかで、樹木葬(じゅもくそう)が注目され、その霊園は人気のようです。

▼樹木葬とは?
墓石の代わりに木を植えて、そこに骨を埋葬したり散骨したりする墓地のことで、樹林霊園墓地と呼ばれています。多くは山など広い敷地を墓地として運営していることが多く、東京では、都立小平霊園が初めて樹木葬を募集しました。結果、倍率が高く、こうした埋葬形式が、世に知られるキッカケになりました。樹木葬には大きく分けて二種類あります。

▼里山型
里山型は1つの山全体に1人ずつ木を植えていきます。自然と一体になるイメージが強く、多くは、都市部から離れた山林などの墓地で埋葬されます。植樹することから、里山の環境保全に繋がるといわれます。

▼公園型
こちらは、大きな木の下に合祀という形で埋葬されます。1本の木に何人かが合祀されるものもありますし個別区画のものもあったりと種類はいろいろあります。霊園というより庭園のようなものを造り、樹木葬を行うガーデニングタイプのものもあります。樹木などの根元に、粉末状にした遺骨をまいたり、埋めたりするだけなので、確実に自然に溶け込む感じです。

両者に共通するのは、墓石のかわりに木を使うという点です。こうした方法は、全国の寺院や公営霊園などでも実現しつつあります。墓地の分譲もしませんし、墓石を立てる必要がないので費用も安く済みます。お墓参りもピクニック感覚でお参りする事ができます。自然の土に還っていきたい…そういう自由感は私も持ちますし、緑あふれる公園墓地に眠りたいという希望もあります。 

                              

                              

                              

                ”